大麦若葉の生産地

青汁

国内産(大分県など)

青汁の原料としてよく使われる大麦若葉ですが、国内でも大麦若葉を生産している地域は多くあります。そもそも大麦は、温かい気候が特徴の地域で栽培されることが主流です。その中でも大分県は有名な産地の一つです。

宮崎県産

宮崎県も温暖な地域として有名です。また農業が盛んでもあります。国内でも宮崎県産の大麦若葉は質が良く各地から高い評価を得ています。

ニュージーランド産

海外でも大麦は栽培されています。特にニュージーランド産の大麦は人気です。その理由として、ニュージーランドでは葉野菜の研究が盛んで質の高い大麦が生産されていることなどが挙げられます。

青汁の飲み方人気ランキング

no.1

フルーツジュースと混ぜる

青汁は野菜が原料なので果物が原料となるフルーツジュースとは相性がバッチリです!今流行のグリーンスムージーのような味を再現できます。

no.2

牛乳と混ぜる

青汁はもちろんのこと、牛乳にはたくさんの栄養素が含まれています。また青汁独特の苦味が緩和されるため一石二鳥でおいしい飲み方ができます。

no.3

ヨーグルトと混ぜる

ヨーグルトも健康に良い食品として有名です。骨を強くしたり免疫力を高めたりする効果があります。青汁と混ぜて飲むことでさらに栄養を補うことが可能です。

no.4

豆乳と混ぜる

豆乳も健康飲料として特に女性の方に人気な飲み物です。青汁の苦味も豆乳によって緩和でき、美味しく飲むことができます。朝などに飲むと良い一日のスタートをきることができます。

no.5

水で飲む

最も基本的な飲み方かもしれませんが、最近では青汁そのものも飲みやすくなってきています。また余計な糖分を摂りたくないという方も水に溶かして飲み青汁のみの栄養をとることができます。